エージェントを活用する

転職サイトとエージェントの違いとは?

 転職エージェントも転職サイトの一部と言えるでしょう。しかしこの両者を言葉の上で明確に分けることがあります。その場合には転職サイトにはエージェント型のサイトは含まれていないため、注意が必要です。そもそもこの両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

 それを知ることでそれぞれに合った活用術を見出すことができ、上手く使いこなせるようになるでしょう。転職サイトの利用には、自らの強い意思と物事を見る目、そして積極性が必要となります。

 ただ求人情報を出している企業の存在を知り、その募集要項の内容を文字や数字で知ることができるのが転職サイトなわけですから、それに応募するしないはもちろん、その企業がどんなところなのか、どんな仕事内容で、どんな人が働いていて、どのような待遇が受けられるのかなどは、その募集要項から読み取る必要が出てくるのです。

 一方の転職エージェントは、そういった募集要項の詳細や企業のチェックはエージェント側が行ってくれます。最終的な判断は自分で行いますが、そのキッカケを作ってくれるため、非常に楽に転職活動を行うことができるのです。

エージェントを利用するメリット

 多くの人が、転職をするならただ求人を見つけられる転職サイトではなく、転職エージェントを利用すべきだと言います。その理由はコンサルタントが色々と手伝ってくれることもあるのですが、恐らく最もありがたみを感じるのは、通常の転職サイトでは得られない情報を獲得できる点ではないでしょうか。

 普通なら働いてみて初めて知るようなことも、転職エージェントを使えば、そのほとんどを応募前に知ることができてしまいます。中高年であれば給与をはじめとした待遇も気になるところ。企業が設定した待遇や条件をそのまま飲み込むのではなく、場合によってはエージェントが間に入り交渉を行い、自分に有利な条件を企業側に飲んでもらうことだって可能。

 さらに、誰かに相談しにくい転職活動についての悩みもエージェントのコンサルタントは聞いてくれますし、それに対しての答えも出してくれます。精神的支えが現れることを考えれば、転職サイトにはないエージェントだけのメリットがそこには確実にあるとも言えるでしょう。

 中高年はそもそも転職するかどうか迷いながら転職サイトを活用することもあると思います。誤った判断をしないよう、時には転職を思いとどまらせてくれるのもエージェント活用のメリット。このメリットだらけのサービスがきっと転職を良い方向へと運んでくれるはずです。