面接を受ける前に知っておきたいこと

面接突破のカギは「書類作成時」にあった!

 書類審査と面接審査、別物に見えて実は繋がっています。書類作成時にまとめた自己アピール文は、面接突破の際も「揺るがない」事がポイント。中には書類時と面接時に言っている事が異なる方もおり、そういう方は面接を突破する事が出来ない傾向にあります。自分の考えは書類時も面接時も、一貫して共通している事が大切なのです。

 そして、書類時に気を付けて欲しい事として「応募する企業について下調べをしておく」という事がありますが、この下調べこそが面接突破のカギを握っています。企業が人材に求める事は「同じ場所を目指しているか」どうか。つまり、会社の考えと人材の考えの一致項目が多いかどうかも採用に関わる大切なポイントなのです。書類時に下調べしておいた企業の情報も、面接時にきっと役立つ事でしょう。ですから、書類作成前は面接に進んだ時の事を考えて、企業が考えている方向性についても調べておくと役に立つ事でしょう。

面接を受ける際に、覚えておきたいの3つの事柄

 面接を受ける際、必ず覚えておいて欲しい項目についてを説明していきますね。

●身だしなみはきちんと!
 身なりが整えられている人は、どんな人にも良い印象を与えます。逆に服装や頭髪などが乱れている人は、周囲に「だらしがない人」との印象を与えてしまうので、良い結果に繋がりません。面接時には身なりをしっかり整える事が大切なのです。

●面接中にやってはいけない「質問と回答の間の沈黙」
 思わぬ質問が飛び交った時、頭の中が真っ白になってパニックになってしまいますが、沈黙の時間を作らないような工夫が必要です。脈拍が無い話でも構わないので、「即座に考えて答える」という姿勢を見せる事が重要。「すみません、緊張していまして」と、自ら笑いを誘うような言葉を投げかける事が出来ると素敵ですね。言葉のキャッチボールが出来ない事は、「人とのコミニュケーションが取りずらい人」との印象を与えてしまいがちですので、気を付けましょう。

●面接の前に「プレ面接」を行いましょう
 第三者に協力してもらい、仮面接の練習をしておくと、本番の面接でも緊張しなくて済みますよ。面接の練習は、ネットの求人サイトでも取り入れていますし、ハローワークなどでも「面接対策」として、講習会を開いている事もあります。あなたが就職した頃と、現代の就職事情では180度違っている事も沢山あります。現代の就職事情に馴染む為にも、こういった制度を利用して面接の練習を重ねておく事が面接突破の一つの対策となるのです。